Explorer The Wonderland. Eastern HokkaidoExplorer The Wonderland. Eastern Hokkaido

『 プライムロード ひがし北・海・道』推進協議会 オフィシャルWEBサイト

MENU

ROUTE 01

7日間冬のひがし北海道 大自然の奇跡・ひがし北海道 3 つ星街道から大雪山・雪と戯れる

ルート
新千歳空港〜阿寒湖温泉、釧路、川湯温泉、網走、ウトロ温泉、温根湯温泉、富良野
主な観光スポット
  • 阿寒湖、阿寒国際ツルセンターグルス、釧路湿原展望台、摩周湖、流氷、博物館網走監獄、オホーツク流氷館、知床五湖、ウトロ温泉、温根湯温泉、北の大地の水族館、富良野スキー場
最適な季節
日程
ルートマップ
1日目新千歳空港 → 阿寒湖温泉

新千歳空港 → 阿寒湖温泉

 

阿寒湖わかさぎ釣り

氷結した阿寒湖に専用のドリルで穴をあけて楽しむわかさぎ釣り。釣り道具は一式レンタルできるので手ぶらでOK。釣った後は新鮮なわかさぎをてんぷらにして食べる。香ばしくて、クセもなく、これが本当に美味しい。

 

■住所/釧路市阿寒町阿寒湖温泉2-6-20 ■電話/0154-67-3200 ■http://www.lake-akan.com

 

 

阿寒湖氷上冬華美

阿寒湖の冬の一大イベント、阿寒湖氷上フェスティバル ICE・愛す・阿寒「冬華美」。その名の通り、冬に咲く華のように美しい花火です。阿寒の澄み切った夜空に上がる冬華美は、夏の花火とは違い、宝石のように夜空に美しく光り輝き舞い続けます。

 

    

■住所/釧路市阿寒町阿寒湖温泉2-6-20 ■電話/0154-67-3200 ■http://www.lake-akan.com

 

1日目 宿泊(阿寒湖温泉)

 

宿泊施設を探す
できることを探す
2日目阿寒湖温泉 → 川湯温泉

阿寒湖温泉 → 釧路

 

阿寒国際ツルセンターグルス

阿寒町地区はタンチョウの人工給餌発祥の地として知られています。センター内にはタンチョウの生活や習性を説明した展示コーナー、映像コーナー、タンチョウに関する文献などがあるライブラリーコーナーが設けられています。グルスで特に外せないのが12月~2月の14時に行われる魚の給餌タイム。オオワシ、オジロワシが餌を狙いタンチョウとの闘いの場となります。

 

    

■住所/釧路市阿寒町上阿寒23-40 ■電話/0154-66-4011 ■http://aicc.webcrow.jp

 

 

釧路湿原展望台

湿原に群生するヤチボウズをモチーフとした古風な西欧のお城をおもわせる建物です。館内は、湿原を再現したジオラマ、釧路湿原で捕獲された約2mものイトウを再現した木彫、「四季の湿原」やライブ映像を見ることができる大型液晶モニターを設置し、湿原の生い立ちや現在を見ることが出来ます。

 

■住所/釧路市北斗6-11 ■電話/0154-56-2424 ■http://www.kushiro-kankou.or.jp

 

 

釧路 → 川湯温泉

 

川湯ダイヤモンドダスト

ダイヤモンドダストは氷点下10度以下の気象条件が整うと大気中の水蒸気が昇華し、小さな結晶となり起こる現象です。川湯の温泉が、そのまま流れる湯の川園地。その森を彩るアイスキャンドル。ここで人工的にダイヤモンドを発生させ、光と雪のファンタジーは、まさに神秘的、幻想的な世界が広がります。

 

 

2日目 宿泊(川湯温泉)

 

宿泊施設を探す
できることを探す
3日目川湯温泉 → 網走

弟子屈町

朝の霧氷 摩周湖散歩

気温が低くなると見ることが出来る霧氷。日本屈指の寒さの摩周湖で美しい霧氷を観察することが出来ます。早朝の青空と真っ白い大自然のコントラストを見に行きましょう

 

    

 

 

川湯温泉 → 網走

 

流氷砕氷船 おーろら

流氷観光でもっとも人気なのが船体の重さで流氷を割って進む砕氷船。デッキからの大迫力の流氷体験はもちろん、暖かい展望室でコーヒーを飲みながら、ゆっくりと眺めることもできます。氷の上で休むトッカリや羽を広げると2mもあるオジロワシやオオワシなどにも出会えるかも。

 

■住所/網走市南3条東4丁目5-1 ■電話/0152-43-6000 ■https://www.ms-aurora.com/abashiri/

 

 

博物館網走監獄

わが国唯一の監獄博物館である。広大な敷地に明治時代から使用されていた網走刑務所旧建物群を保存公開している。登録有形文化財でもある、5棟の獄舎が放射状に配置された五翼放射状平屋舎房は、木造行刑建築物としては世界最古、一見の価値ありだ。歴史的な建物の中には、息づかいまで聞こえてきそうなリアルな人形があちらこちらにあり、その時代にタイムスリップしたような気分になる。監獄食も体験できる。味わってみよう。

 

    

■住所/網走市字呼人1-1 ■電話/0152-45-2411 ■http://www.kangoku.jp/

 

 

オホーツク流氷館

流氷を触ったことはあるだろうか?氷点下の世界で濡れたタオルを振り回した経験は?夏でもそんな体験ができる施設がここだ。JR網走駅から車で約10分、天都山の山頂にある。マイナス15度に保たれた室内に本物の流氷を展示している流氷体感テラスでは、実際に流氷に触れることができ、濡れたタオルを凍らせるしばれ実験をすることもできる。クリオネなど、オホーツク海に棲む生き物にも会える。展望テラスからの大パノラマも絶景だ。

 

 

■住所/網走市天都山244-3 ■電話/0152-43-5951 ■http://www.ryuhyokan.com/

 

3日目 宿泊(網走市内)

 

宿泊施設を探す
できることを探す
4日目網走 → ウトロ温泉

網走 → 知床

 

車窓から見るオホーツク海

釧網本線、網走駅と知床斜里駅との間を走る観光列車「流氷ノロッコ号」の車窓からは海に広がる流氷が見られ、流氷の観光スポットに近づくと、ゆっくりとした速度で運行。車内からでも流氷を写真に収めることができます。まさに北海道の冬を代表する大自然を満喫できる車窓風景です。

■住所/網走駅:網走市新町2丁目2-12 ■電話/0152-43-2362

 

 

冬の知床五湖スノーシューイング

雪に覆われた知床五湖の神秘的な景色をスノーシューを履いて散策。ひっそりと静まり返る、白銀の絶景が待っています。運が良ければ、そこに暮らす動物たちと遭遇することも。

 

■電話/0152-22-5522 ■http://www.shinra.or.jp/

 

 

羅臼町

流氷バードクルーズ

知床の海には、世界各地から越冬のために動物や鳥が集まります。特に流氷の時期には、数千羽のオジロワシやオオワシが羽を休めていて、90%以上の確率でその姿を見ることができます。流氷と天然記念物のオオワシ、そして朝日を一緒に見られるのはここだけ。世界のバードウォッチャーからも注目を集めています。

 

    

 

4日目 宿泊(ウトロ温泉)

 

宿泊施設を探す
できることを探す
5日目ウトロ温泉 → 温根湯温泉

ウトロ温泉

流氷ウォーク

オホーツク海が流氷で自然に染まるシーンは、北海道の冬にしかない絶景です。一見、平面に見える流氷源は、実は重なり合ったり、高く盛り上がったりと立体的です。そして、光の条件が揃えば流氷は白ではなく、アイスブルーに出会えるかも。流氷の上に乗って間近かに見て触れることができる流氷ウォークの醍醐味を実感してください。

 

■住所/斜里郡斜里町ウトロ東284 ■電話/0152-22-5522 ■http://www.shinra.or.jp/

 

 

ウトロ温泉 → 温根湯温泉

 

温根湯温泉

国道39号線沿いにあり無加川の清流をはさんで、旅館やホテルが立ち並んでいます。温根湯温泉のおんねはアイヌ語で「大きな湯の湧くところ」という意味で豊富な湯量が特徴です。源泉100%の単純硫黄泉で「美白の湯」といわれています。

 

 

5日目 宿泊(温根湯温泉)

 

 

宿泊施設を探す
できることを探す
6日目温根湯温泉 → 富良野

朝の白い畑散歩

温根湯温泉の周りに広がる日本一の生産量を誇る玉ねぎ畑や牧草地。冬は一面の純白の世界に変身。早朝の凜とした寒さの中、青く澄んだ広い空、朝の光に輝くまるで白いジュータンのような大地を散歩。何があるわけではないけど、シンプルな景色に感動を覚えることでしょう。

 

■住所/北見市留辺蘂町温根湯温泉111-2 ■電話/0157-45-2921

 

 

北の大地の水族館(山の水族館)

水族館といえば、海の近くにあると思いがち。ここは山のふもと、しかも北海道の中でも有数の極寒地にある。一見水族館には向かいない場所に思えるが、それは強みに変わる。もともと全国でも珍しい、北海道内に生息する淡水魚などを集めた水族館であった。リニューアル後は、その寒さを利用した世界初!の川が凍る水槽により、その下を泳ぐ魚たちの様子を見ることができるようになるなど、ここならではの魅力がさらに増した。

 

    

■住所/北見市留辺蘂町松山1-4 ■電話/0157-45-2223 ■http://www.onneyu-aq.com/

 

 

温根湯温泉 → 富良野

 

ナイタースキー

星空と富良野市街の夜景がきれいなうえ、高低差と距離のあるコースはスキーヤーに人気です。夜の方が照明で雪面が見やすいということもあり、ナイトスキーはおすすめ。 

 

■住所/富良野市中御料 ■電話/0167-22-1111 ■http://www.princehotels.co.jp/ski/furano/

 

6日目 宿泊(富良野市)

 

 

宿泊施設を探す
できることを探す
7日目富良野 → 新千歳空港