Explorer The Wonderland. Eastern HokkaidoExplorer The Wonderland. Eastern Hokkaido

『 プライムロード ひがし北・海・道』推進協議会 オフィシャルWEBサイト

MENU

ROUTE 02

7日間夏のひがし北海道 ガーデン街道から世界自然遺産知床と4つの国立公園をゆく大自然満喫

ルート
新千歳空港〜富良野、美瑛、旭川、温根湯温泉、網走、ウトロ温泉、川湯温泉、釧路、帯広
主な観光スポット
  • 風のガーデン・ニングルテラス、ファーム富田、四季彩の丘、旭山動物園、北の大地の水族館、オホーツク流氷館、知床五湖、摩周湖、
  • 釧路湿原、和商市場、紫竹ガーデン、十勝ヒルズ
最適な季節
日程
ルートマップ
1日目新千歳空港 → 富良野

新千歳空港 → 富良野

 

富良野市

風のガーデン・ニングルテラス

新富良野プリンスホテルの敷地内にログハウスのかわいらしいお店が並んでいるニングルテラスは森の中のショッピングエリアです。また、季節ごとに300種類以上の花が咲く小径を散策できる風のガーデン、緑の木々に囲まれた素敵なお庭です。さらに、ニングルテラスの奥に進んでいくとドラマの舞台になった喫茶店「森の時計」があり、珈琲ミルを使って豆を挽く事ができます。

 

    

■住所/富良野市中御料  ■電話/0167-22-1111 ■http://www.princehotels.co.jp

 

1日目 宿泊(富良野)

 

宿泊施設を探す
できることを探す
2日目富良野 → 温寝湯温泉

ファーム富田
ラベンダーの里として知られているファーム富田は、日本最大級のラベンダー畑です。見ごろの時期や特徴が異なる4種類を栽培。夏期が見ごろのラベンダーをはじめ夏から秋にかけてはポピーやコスモスも咲き誇ります。

 

    

■住所/空知郡中富良野町基線北15号 ■電話/0167-39-3939 ■http://www.farm-tomita.co.jp

 

 

美瑛町

四季彩の丘

「丘のまちびえい」丘陵地帯に広がる美しいお花畑。15haという広大な敷地にはチューリップをはじめ四季折々の花々が咲き乱れます。中でも夏は一番の華やかさを見せ、大地が虹色に染まる花畑は必見。園内を巡るトラクターバスも運行されており、途中、写真撮影の時間をとってくれるので、お花畑をバックに記念撮影もできます。お腹がすいたら四季彩の丘農場でとれたじゃがいもで作られたコロッケがオススメ。

 

■住所/上川郡美瑛町新星第三 ■電話/0166-95-2758 ■http://www.shikisainooka.jp

 

 

富良野 → 旭川

 

旭山動物園

「おじゃまします!」一歩足を踏み入れると、そこは動物たちの世界。ペンギンたちが空をとび、ホッキョクグマが元気にダイブ!オランウータンがダイナミックに綱渡り。オオカミの遠吠えも聞こえてくる。動物本来の自然な生態・行動を見せる行動展示を導入したことで、全国にその名が知れ渡るようになった旭山動物園。今日も動物たちはイキイキ輝いている。さあ、そんな世界におじゃましてみようか。

 

■住所/旭川市東旭川町倉沼 ■電話/0166-36-1104 ■http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/

 

旭川 → 温根湯温泉

 

2日目 宿泊(温根湯温泉

 

3日目温根湯温泉 → 網走湖

北見 留辺蘂

北の大地の水族館(山の水族館)

水族館といえば、海の近くにあると思いがち。ここは山のふもと、しかも北海道の中でも有数の極寒地にある。一見水族館には向かいない場所に思えるが、それは強みに変わる。もともと全国でも珍しい、北海道内に生息する淡水魚などを集めた水族館であった。リニューアル後は、その寒さを利用した世界初の川が凍る水槽により、その下を泳ぐ魚たちの様子を見ることができるようになるなど、ここならではの魅力がさらに増した。

 

■住所/北見市留辺蘂町松山1-4 ■電話/0157-45-2223 ■http://www.onneyu-aq.com/

 

 

温根湯温泉 → 網走

 

網走市内

オホーツク流氷館

流氷を触ったことはあるだろうか?氷点下の世界で濡れたタオルを振り回した経験は?夏でもそんな体験ができる施設がここだ。JR網走駅から車で約10分、天都山の山頂にある。マイナス15度に保たれた室内に本物の流氷を展示している流氷体感テラスでは、実際に流氷に触れることができ、濡れたタオルを凍らせるしばれ実験をすることもできる。クリオネなど、オホーツク海に棲む生き物にも会える。展望テラスからの大パノラマも絶景だ。

 

■住所/網走市天都山244-3 ■電話/0152-43-5951 ■http://www.ryuhyokan.com/

 

3日目 宿泊(網走湖温泉

 

宿泊施設を探す
できることを探す
4日目網走湖 → ウトロ温泉

網走 → ウトロ温泉

 

知床五湖 地上遊歩道散歩

世界遺産、知床はとても神秘的な場所です。そのひとつが知床五湖。標高差の少ない約3kmのコースを歩いてみましょう。知床の豊かな自然を感じながらの散策は、数多くの植物、動物たちを目にすることができます。また期間限定で認定資格を持つネイチャーガイドの引率するガイドツアーのみ地上遊歩道を歩くことができます。

 

 

 

ベアウォッチクルーズ

知床はヒグマの生息密度が高い地域です。船でしか行くことができない原始の世界が広がっており、快適なクルーズを楽しみながら高確率で野生のヒグマが目撃できると人気のコースです。

 

   

 

 

4日目 宿泊(ウトロ温泉)

 

宿泊施設を探す
できることを探す
5日目ウトロ温泉 → 釧路

知床 → 川湯温泉

 

摩周湖

ロシアのバイカル湖につぐ透明度を誇り、晴れた日には摩周ブルーと呼ばれる深い青色の美しい湖面を見せる摩周湖。霧が多く発生することでも知られる。注ぎこむ川、流れ出る川がないにもかかわらず、水位は常に一定という不思議な一面も持つ。アイヌ語でこの湖はカムイ・トーという。神の湖という意味だ。その意味のとおり、どこか神秘的な雰囲気が漂う湖である。摩周湖をそれぞれ違った角度から楽しめる3つの展望台がある。

 

    

■住所/川上郡弟子屈町字弟子屈原野

 

 

川湯温泉 → 釧路

 

釧路湿原

釧路湿原は釧路川とその支流を抱く広大な湿原で広さは日本最大級といわれています。特別天然記念物のタンチョウや水鳥など多くの動植物の貴重な生息地となっています。植物学的にも貴重な低層湿原と高層湿原を有し、1980年湿原の価値が国際的に認められ、日本で最初のラムサール条約登録湿原となりました。

 

    

 

 

炉端焼き

もともと仙台にある「炉ばた」というお店が地元でとれた新鮮な野菜を目の前で焼き、長いしゃもじで料理を出していた。そこの二番弟子が釧路で「炉ばた」をオープン。釧路近海でとれる新鮮な魚介類を焼いて提供。海鮮炉端焼きとして全国へ広まったといわれています。釧路市内には炉端焼きを扱う店が多く、赤々と燃える炭火に魚が焼ける旨そうな匂いは格別。

 

 

5日目 宿泊(釧路市内)

 

宿泊施設を探す
できることを探す
6日目釧路 → 帯広

釧路川カヌー体験

屈斜路湖から始まる釧路川は太平洋まで約154km、ノンストップで海まで下れるのが大きな魅力です。釧路湿原を流れる釧路川からは湿原に一層近づけるため、湿原で生活しているタンチョウ、アオサギ、エゾシカなど湿原に生息する野生動物に出会えるチャンスも。釧路川は緩やかな流れですから、小さなお子さんをはじめ家族で安心して楽しむことができます。

 

 

 

釧路和商市場

釧路市民の台所”和商市場は、1954年に設立された老舗の市場で、50を超える店舗が並ぶ。有名なのは、白飯を買って、市場内の海鮮屋や魚卵専門店をめぐりながら、お好みの魚介をのせて完成させる海鮮丼「勝手丼」だが、お土産もここでそろう。鮮魚あり、干物あり、珍味ありと、港町らしい品ぞろえ。「和商の日」には、お得なイベントもあるので、チェックをお忘れなく。JR釧路駅から徒歩5分、立ち寄りやすい。

 

■住所/釧路市黒金町13丁目25 ■電話/0154-22-3226 ■http://www.washoichiba.com/

 

 

釧路 → 帯広

 

十勝スイーツめぐり

北海道の中でもお菓子が美味しいまちとして知られている帯広。それは、小麦粉、牛乳、砂糖、卵、小豆などお菓子に使われる良質な材料が十勝産だからです。各店が美味しいスイーツづくりに知恵をしぼっています。そして、うれしくなるほど値段も安い。まさに帯広はスイーツ好きの天国といえます。

 

    

 

6日目 宿泊(帯広市内)

 

7日目帯広 → 札幌

紫竹ガーデン

オーナーである紫竹昭葉さんが60歳をすぎてから手がけ、20年以上かけて育てているガーデンは、18,000坪の広大な地。季節を通して約2,500種の花々が26の庭園に分かれて咲いています。レストランではガーデン内でとれた野菜やハーブ、十勝の食材を使った各種メニューが楽しめます。

 

■住所/帯広市美栄町西4線107 ■電話/0155-60-2377 ■http://www.shichikugarden.com

 

 

十勝ヒルズ

澄んだ空気、美味しい水、十勝の魅力がいっぱいのガーデンです。十勝の絶景を望む高い丘には太陽の光をいっぱい浴びて育った色鮮やかな草花と木々の緑が憩いといやしの空間になるでしょう。レストラン、ヴィーズには園内でとれた食材を使ったメニューが豊富にそろい、ランチはもちろん、夜景を見ながらのディナーも楽しめます。「和食処四分分度」では十勝ヒルズ産の香り高い十割玄そばを味わうこともできます。見て、遊んで、味わって、まるごと十勝を体感しましょう。

 

    

■住所/中川郡幕別町日新13-5 ■TEL0155-56-1111 ■http://www.tokachi-hills.jp

 

 

帯広駅 → 札幌駅

 

PDFを見る