Explorer The Wonderland. Eastern HokkaidoExplorer The Wonderland. Eastern Hokkaido

『 プライムロード ひがし北・海・道』推進協議会 オフィシャルWEBサイト

MENU

海鮮料理

オホーツク海、太平洋、日本海の恵みを味わう

ひがし北海道は、オホーツク海と太平洋に接している。水揚げされたばかりの魚介類が食べられるのは、港町ならではの贅沢だろう。じつは、内陸に位置する旭川市(旭川・層雲峡エリア)では、三つの海で獲れる新鮮な海の幸が楽しめる。

北海道のほぼ真ん中に位置する旭川市。海から遠く、海鮮とは縁遠いイメージだが、道内各地の魚介が集まる。それは流通の発達による恩恵だ。三つの海からほぼ同じ距離にある旭川に、港町から鮮魚が集まるのもうなづける。旭川に行ったら、さんろく街を訪ねてみよう。旬の料理とおいしい酒で出迎えてくれる。やはり味わってほしいのは、すし。握りずしが650円から楽しめる、地元の人も足繁く通う店がある(旭川市・小西鮨)。ホタテ・ホッキ・ツブなど北海道を代表する貝類が自慢の店には、浜ゆでの毛ガニや、隣町の美瑛産の和牛など、北海道のうまいものがそろう。旭川の蔵元3社の地酒とともに堪能したい(旭川市・北の酔り処)。 オホーツク海は、流氷に育まれた豊かな漁場である。主な漁港は、紋別港と網走港。紋別の名産の一つがズワイガニ。カニの甲羅に、ほぐした身・脚肉・かにみそを入れて焼く「甲羅盛り」や丼が味わえる(紋別市・マルマ松本商店)。網走といえば、オホーツク海に臨み、四つの湖(網走湖・能取湖・藻琴湖・濤沸湖)を有する魚介の宝庫。珍しいのは、クジラ料理だろう。網走は、北海道で唯一の捕鯨基地なのである。太古からクジラとの縁が深いという。ここに、クジラの各部位を一度に味わえる店がある(網走市・酒菜亭 喜八)。グルメなら、一度は体験してみたい。知床半島のオホーツク海側に位置するウトロ漁港。水揚げの8割以上を占め、道内でもトップクラスの漁獲高を誇るサケ・マスをはじめ、さまざまな海鮮が味わえる。ウトロ漁業協同組合のおかみさんたちが営む食堂で、“日本の母の味”を楽しむのはいかがだろう(斜里町・ウトロ漁協婦人部食堂)。 太平洋に面した釧路市。札幌の二条市場、函館の函館朝市と合わせて北海道三大市場とされる、釧路和商市場がある。ここの名物は「勝手丼」。市場内の総菜屋で白飯を買い、店舗をめぐってネタを選んでつくる、オリジナルの海鮮丼だ。好きなものを好きなだけ食べられるから、満足度は高い。好きな魚介を炭火で焼いて食べるのもいい(釧路市・岸壁炉ばた)。釧路は、炉端焼き発祥の地でもあるのだ。

北海道を代表する味覚といえば、毛ガニ。オホーツク産の旬は、3〜6月だ。特に、流氷が去ったあとに獲れる毛ガニは「海明けのカニ」と呼ばれ、おいしさも格別である。釧路を中心とする道東では、9・10月が旬になる。ほかにも、釣りキンキ(網走)、シジミ(網走湖)、ホッカイシマエビ(能取湖・サロマ湖)、ホタテ(北見市常呂町)、カキ(厚岸町)など、ひがし北海道は、一度の旅では食べきれないほどたくさんの魚介がそろっている。