Explorer The Wonderland. Eastern HokkaidoExplorer The Wonderland. Eastern Hokkaido

『 プライムロード ひがし北・海・道』推進協議会 オフィシャルWEBサイト

MENU

スターウォッチング

星が降り注ぐ夜空に、心うばわれる

原始の自然が残る、ひがし北海道。街から少し離れるだけで、漆黒の闇がある。いつもの生活の場なら、さみしすぎるかもしれない。でも、旅先なら、そんな場所に身を置いてみるのもいい。だって、こぼれ落ちそうなほどの満天の星が見られるのだから。

スターウオッチングを楽しむなら、摩周湖(弟子屈町)を訪れてほしい。摩周湖の展望台からは、360度の夜空を見渡せるのだ。視界をさえぎるものもない。星空を眺めるには絶好の場所なのである。とはいえ、慣れない夜道をドライブするのは不安もある。それならば、ツーリズムてしかが(弟子屈町)の人気ツアー「摩周湖星紀行」がおすすめだ。川湯温泉からの送迎付きで、星空ガイドが同行する。息をのむような満天の星が見られる日もあれば、明るい月が摩周湖を幻想的に照らし出す日もある。運がよければ、明るい星々が摩周湖に映り込むという貴重なシーンや、摩周湖に霧が流れ込む瞬間を目撃するかもしれない。空のご機嫌次第で、どんな夜になるかはわからない。それもまた楽しいのは、旅先だからだろうか。 ひがし北海道には、「星空の街」がある。林業と酪農が盛んな陸別町だ。環境省より、1987年に「星空の街」に、1997年に「星空にやさしい街10選」に認定された。ここには、日本最大級の反射望遠鏡を備える「銀河の森天文台(りくべつ宇宙地球科学館)」がある。季節により時間は異なるものの、午後から夜にかけて開いている。ここでも、星降る夜を過ごせるのだ。いっそ、泊まってしまうのもいい。天文台の近くに、銀河の森コテージ村がある。6人用・10人用のコテージは1棟貸しなので、家族や仲良しグループで過ごすのにぴったり。心ゆくまで、星空を眺めていられる。 釧路・根室・厚岸エリアも、星空観察にふさわしい。阿寒ネイチャーセンター(釧路市)の「オンネトースターウオッチング」で、ロマンチックな夜が楽しめる。標茶町育成牧場多和平(標茶町)は、地平線の見える大牧場として知られ、その展望台からは360度のパノラマが見られる。キャンプ場に泊まって、降り注ぐような星空のもとで過ごすのもいいだろう。

そして、知床。人工の明かりがほとんどないこの土地は、星を見るための場所といってもいいかもしれない。知床ネイチャーオフィス(斜里町)が「夜空の星たちを見に行こう!」という星空観察ツアーを提供している。まるでプラネタリウムのような、でも本物の星空を見ることができる。雲が多いときは、「夜の動物ウオッチング」に変更になるが、そちらもまた楽しそうである。

主な観光スポット
主な空港
さらに詳しい情報