Explorer The Wonderland. Eastern HokkaidoExplorer The Wonderland. Eastern Hokkaido

『 プライムロード ひがし北・海・道』推進協議会 オフィシャルWEBサイト

MENU

パラグライダー

ひがし北海道の大きな空で、鳥になる

空を飛ぶ鳥を見上げて、自分に羽があったならば…と想像したことはないだろうか。パラグライダーという羽を背に、大空に羽ばたこう。

スカイスポーツの一種、パラグライダー。滑空性能を持つスクエアパラシュート(四角いパラシュート)を装着し、斜面を利用して飛ぶ。エンジンなどはなく、上昇気流をとらえて、空高くまで上がる。体力や力を必要としないため、誰でも楽しめる。ただ、気流を読むことは必要だ。風を読みながら、操縦桿を操作して、大空を舞えば、まるで鳥になったような感覚になることだろう。 ひがし北海道では、十勝川・帯広・然別エリアで体験できる。パラグライディング十勝(音更町)には、操作方法など基礎から学び、ひとりでフライトする「体験レッスン」がある。ひとりでは不安なら、パイロットと二人乗りする「タンデム体験」がいいだろう。 パラグライダーと混同されがちなスカイスポーツは多い。そのなかに、パラセーリングというものがある。これは、降下するときに使用する、あの円形のパラシュートを装着する。そして、下から動力のついた乗り物で引っ張ってもらうことで、空を飛ぶ。海のリゾート地で見かけることがあるだろう。それを、冬の富良野で体験できる。そう、雪原を走るスノーモービルが引っ張ってくれるのだ。パラシュートを自分でコントロールしなくてもいいので、パラグライダーよりも気軽に挑戦できる。

所要時間と料金の目安は、パラグライダー体験レッスン=2時間・9,000円、パラグライダータンデム体験=30分(フライトは約10分)・9,000円、パラセーリング=4,500円前後。安全に配慮しているとはいえ、スカイスポーツは危険を伴う。ガイドに従い、安全第一で、悠々と空を飛びたい。

主な町
主な空港