Explorer The Wonderland. Eastern HokkaidoExplorer The Wonderland. Eastern Hokkaido

『 プライムロード ひがし北・海・道』推進協議会 オフィシャルWEBサイト

MENU

熱気球

どこまでも広い空をゆらりと散歩する

北海道の空は広い。札幌のように大きな街の中心部ならともかく、多くのまちでは、高層ビルに視界がさえぎられることがなく、果てしない空を見上げることができる。そんな空は、散歩してみたくならないだろうか。そして、雄大な大地を、遠くの海を眺めてみたくなるだろう。

ひがし北海道で空中散歩を楽しむなら、十勝川・帯広・然別エリアだろう。広大な十勝平野の上空をのんびりとめぐることができる。有限会社ほっとえあ(鹿追町)による熱気球フライト体験は、フリーフライト。日本を代表するベテランパイロットが案内人だ。目的地は風まかせ。そんな気ままな旅もいい。広い空にゆらりゆらりと浮かんでみれば、心が深呼吸して、小さなことなど気にならなくなりそうだ。リフレッシュするにはもってこいのアクティビティだろう。 自由なフライトに挑戦するには、まだ空中での体験が足りないという人は、係留フライトから始めるのはどうだろう?ロープでしっかりつながれた気球は、地上30メートルまで上昇する。視界をさえぎるものがない360度の大パノラマは、圧巻である。十勝川温泉街にある十勝ネイチャーセンター(音更町)の早朝熱気球体験がおすすめだ。
富良野・美瑛エリアでも、熱気球に乗れる。レジャーガイド遊び屋(富良野市)のアクティビティに参加してみよう。夏は係留フライト、冬はフリーフライトで、上空から大雪山の山並みや富良野盆地を見渡せる。景観の美しさで知られる富良野を眼下に望めば、贅沢な気持ちを味わえるだろう。
オホーツク海に押し寄せる流氷を見たことがあるだろうか。海岸が氷で埋め尽くされる光景は、圧巻である。それを空から見るというのはどうだろう。流氷の時期だけに開催される、熱気球フリーフライトがある。北海道宝島トラベル(札幌市)が提供するプログラムだ。ベテランパイロットが小清水町の上空500〜1,000メートルへと案内してくれる。

所要時間と料金の目安は、係留フライト=5分・2,100〜2,500円、フリーフライト=30分(フライト時間のみ)・20,000円前後。天候により中止の場合もある。まずは予約を。