Explorer The Wonderland. Eastern HokkaidoExplorer The Wonderland. Eastern Hokkaido

『 プライムロード ひがし北・海・道』推進協議会 オフィシャルWEBサイト

MENU

フィッシング

北の大海原で、大物を釣り上げる

おいしい魚介類を水揚げする、日本でも屈指の漁場を持つ、ひがし北海道。釣り人にとっては、魅惑のエリアではないだろうか。未経験でも、もちろん楽しめる。せっかく訪れるのなら、その豊かな海で、大物にチャレンジしたい。

ホエールウオッチングで有名な羅臼町。「魚の城下町」とも言われる漁業のまちである。海鮮に舌鼓をうつのもいいが、海釣りに挑戦するのはいかがだろう。遊覧遊漁船 朝枝Ⅱ(ともえツー)は、通年運行しており、いつ訪れてもフィッシングが楽しめる。季節によるが、半島コースでは、タラ・ソイ・ヤナギノマイ・ホッケ・アブラコ・サクラマス・スケトウダラ・マスノスケなどを、前浜コースでは、カレイ・コマイ・オヒョウなどを釣り上げられるかもしれない。いずれも早朝4時に出港し、12時に帰港する。初秋の25日間のみの特別コースもある。ウトロ港を基点とする「サケのライセンス釣りコース」(9月1日〜25日)。なかなか貴重なサケ釣りに挑戦してみよう。 網走周辺もまた、釣り人にとっては憧れの地だろう。網走港、能取漁港、鱒浦海岸で海釣りが楽しめる。市内の釣具店では、遊漁船の手配もしてくれるので、船釣り体験もできる。初心者はやはり、ガイド付きのツアーが心強いだろう。タマリスク(北見市)が用意するフィッシングプランを利用してみよう。 釧路・根室・厚岸エリアも、釣り船をチャーターする本格的なフィッシングが楽しめる。釧路町昆布森の海を知り尽くした漁師が案内してくれる、昆布森遊魚船団(釧路町)の船釣りコースに参加してみよう。季節により、オヒョウ・アイナメ・宗八カレイ・ヤナギノマイ・タコ・マス・サケ・キングサーモンなどが釣れる。厚岸町なら、釣船かわかつに問い合わせてみよう。厚岸湖・厚岸湾で、カレイやコマイに挑戦できる。

ツアーの所要時間と料金の目安は、8時間・11,000円前後。出航の可否は、天候や海の状況による。また事前に予約が必要だ。ベテランの釣り人は、自由気ままにフィッシングを満喫するのもいい。ただし、その土地ごとのルールなどがあるため、事前にしっかり確認を。