Explorer The Wonderland. Eastern HokkaidoExplorer The Wonderland. Eastern Hokkaido

『 プライムロード ひがし北・海・道』推進協議会 オフィシャルWEBサイト

MENU

MTB・ロードバイク

風を切って、自然のなかを駆け抜ける

サイクリングの魅力といえば、風を切って走る爽快感や、自分の力で進む達成感であろうか。自転車は、歩くよりも遠くまで行けて、車やバイクより小回りがきき、電車やバスのように時間に縛られない。旅先で、とりわけ北海道のように広大な土地で、使わない手はない。

世界自然遺産「知床」の楽しみ方は、いろいろある。トレッキングでもクルージングでも、何をしても知床を味わえるが、サイクリングに挑戦してみてはいかがだろうか。「知床サイクリングサポート」(斜里町)では、各種ツアーを用意している(予約制)。オンロードなら、知床峠ダウンヒルツアー、オシンコシンの滝ツアー。初心者や子どもでも、わりと楽々と走れるコース設定だ。体力に自信があるなら、オフロードのカムイワッカの滝ツアーや、獣道を通るウトロ林道オフロードもおすすめ。知床の自然の厳しさと美しさをよりいっそう感じることができるだろう。 サイクリングツアーのエリアは、知床のほかに清里、摩周、網走がある。清里では、“神の湖”摩周湖の伏流水でできているという、コバルトブルーの神秘的な「神の子池」を訪ねるツアーや、「天に続く道」と呼ばれる28キロメートルにも及ぶ直線道路を完走するツアーが楽しめる。摩周では、津別峠ダウンヒルツアーに参加してみてはどうだろう。屈斜路湖を眼下に望み、タイミングが良ければ雲海が見られることで知られる津別峠から、急坂・急カーブを下るコースである。網走なら、やはり能取岬・能取湖ツアー。夏場は馬や牛が放牧されて、のどかな風景が広がる能取岬と、秋には真っ赤なサンゴ草が見られる能取湖を4〜5時間かけてめぐる。もっと自由気ままに走りたい人は、レンタサイクルを利用してみよう。 美瑛町は、丘のまちの呼び名があるだけに、アップダウンのある土地だ。それでも、自転車で走る旅人をよく見かける。それもそのはず!美瑛町には、自転車の観光ルートを記載したサイクリングマップがあるのだ。1時間コース・2時間コース・半日コース・1日コースとあるので、体力やスケジュールと相談しながら、サイクリングを楽しもう。「美瑛自転車ツアー」(美瑛町)の半日ツアー、オプションツアー(各、予約制)なら、地元を知り尽くしたガイドと一緒に走れる。うれしいのは、おすすめカフェでのお茶やランチを付けられること。美瑛は、すてきなカフェが多い。のどかな風景とともに、カフェでの時間も味わえるというのだから、魅力的である。

美瑛町と同じく、帯広市にもサイクリングマップがある。帯広市内のみならず、周辺町村をめぐるコースは五つ。たとえば、ガーデン巡りコース。十勝の有名なガーデン五カ所を4時間ほどかけてまわる。十勝川沿線コースは、十勝川に沿って走り、十勝川温泉街や池田ワイン場などを訪ねる。然別湖と糠平湖をめぐる、山岳チャレンジコースは、なかなかの難所である峠を走るが、挑戦する価値はある。いずれのコースも、十勝地方の魅力がつまったラインアップとなっている。十勝平野を疾走しながら、北海道の大きさを堪能しよう。