能取湖 能取湖 Lake Notoro

スポット概要 景點介紹 Overview of Scenic Spots

網走国定公園内、オホーツク海とつながる面積58キロ平方メートルの大きな汽水湖である能取湖。
南岸に位置する卯原内(卯原内)エリアには、国内最大の規模を誇るサンゴ草群生地があります。
「サンゴソウ」とは、北半球の塩湿地に広く育生する「アッケシソウ」の別称。
茎が丸く、葉のない1年草です。夏の季節には青々とした緑色をしていますが、秋になると赤く色を変えてゆき、湖畔一面が真っ赤に染まり、深紅の絨毯を敷いたような神秘的な景色が広がります。
遊歩道もしっかり整備されており、バリアフリーにもなっているのでサンゴ草が色づく頃には多くの方がこの景色を見に訪れています。

網走國定公園內,有和鄂霍次克海連接,面積為58平方公尺的大型汽水湖-能取湖。
在位於南岸的卯原内地區,有日本國内最大規模的珊瑚草群生地。
珊瑚草是在北半球的鹽濕地大片生長的厚岸草之別稱。
其莖為圓形,是沒有葉子的一年生草花。夏季是翠綠色,到了秋季則漸漸轉變爲紅色,將整個湖畔染成一片紅色,像深紅色的絨毯一般充滿神秘色彩。
散步道路完善,還設有無障礙道路,到了觀賞珊瑚草的季節有很多遊客前來造訪。

Lake Notoro, located inside Abashiri Quasi-national Park, is a vast brackish lake 58 kilometers long, that connects to the Sea of Okhotsk.
Ubaranai area on the south shore of the lake, boasts the largest colony of glasswort in the nation.
“Glasswort,” is another name for Salicornia europaea, which grows in intertidal salt marshes throughout the northern hemisphere.
They are annuals with round-ish stems and no leaves. During the summer they are green, but when fall arrives, they change into a deep red, transforming the lake into one large crimson-colored carpet, and adding a sense of mysteriousness to the landscape.
A barrier-free boardwalk makes walking around the lake easy, and when the glasswort turns red, many people come to see the beautiful landscape.

おすすめの時期 推薦觀賞時期 Recommended Season

9月上旬~9月下旬

9月上旬~9月下旬

Early to late September

注意! 注意! Precautions!

能取湖は海とつながっているため水位の上昇には要注意。
大潮だとサンゴ草が見えにくくなります。水位が1メートル40センチほどになるとサンゴ草は完全に沈んでしまうので、干潮情報の確認を忘れずに!

因能取湖和海相連,要小心水位的上升。
漲潮時很難看見珊瑚草,如果水位到達約1.4公尺會完全將珊瑚草淹沒,所以請不要忘記確認漲潮資訊。

Please remember that the lake is connected to the ocean, and the water level may rise unexpectedly.
The glasswort may be difficult to see during spring tide. Once the water level reaches above 1 meter and 40 centimeters, the glasswort is completely submerged, so be sure to check the tide information before you visit!

ここがポイント! 請關注這裡 Here is what you want to look for!

数年前に生育不良で群生地が減少してしまう危機がありましたが、地元である網走市全体が協力し合い、種子採取や湖水の入排水改善などにより、2015年8月、ついに群生地の復活が宣言されました。地元の皆様の大きな努力があったからこそ、現在の美しいサンゴ草の景色を見ることができるのです。

數年前由於生長不良,珊瑚草群生地甚至出現了減少的危機,但在當地網走市全員的合作下,通過採摘種子,改善湖水進排水等方式,於2015年8月,珊瑚草群生地宣告復活。因爲當地人民付出巨大努力,才可以看到現在美麗的珊瑚草景色。

Several years ago, the glasswort went through a period of slow growth, and it was feared that colonies may decline. However, the city of Abashiri came together to gather seeds, and improve lake-water intake, and in August of 2015, the revival of the glasswort was announced. Thanks to a large amount of help and encouragement from locals, beautiful colonies of glasswort can be seen today.

インフォメーション 資訊 Information

住所 地址 Address 北海道網走市卯原内60-3 北海道網走市卯原内60-3 Ubaranai 60-3, Abashiri, Hokkaido
MAP CODE 525 359 281*86
距離 距離 Distance JR網走駅 → 車で約20分
女満別空港 → 車で約30分
從JR網走站→駕車約需20分鐘
從女滿別機場→駕車約需30分鐘
JR Abashiri Station -> about 20 min. by car
Memanbetsu Airport -> about 30 min. by car
Googleマップ ルート案内 谷歌地圖路綫介紹 Google Map Route Guide