ひがし北海道 Explorer The Wonderland. Eastern Hokkaido Explorer The Wonderland. Eastern Hokkaido

Explorer The Wonderland. Eastern Hokkaido Official web site

MENU
冬のひがし北海道
ローカル線から
はじまる旅
釧路本線:釧路-標茶-網走 SL冬の湿原号
流氷物語号 花咲線:釧路-厚岸-根室
釧路本線:釧路-標茶-網走
SL冬の湿原号
流氷物語号
花咲線:釧路-厚岸-根室
ブロガー紹介
黄晴渝(コウ セイユ)
Facebookファン数 80,000人(2018年2月現在)
北海道在住歴7年、北海道民の夫を持ち、子育てをしながら生活をしている、北海道大好き台湾人。日本国内旅行業務取扱管理者、北海道観光マスターなどの資格も持っている。
BLOG
FACEBOOK
釧路駅初 SL冬の湿原号
釧路駅初

SL冬の湿原号
釧路和商市場
近海で捕れる新鮮な魚介類や乾物が買えるショッピングスポット。店舗数は土産店や飲食店も含めると約60店! 食べたいお刺身を選んで海鮮丼にする「勝手丼」作りに挑戦してみて。
北海道釧路市黒金町13-25
0154-22-3226
https://www.washoichiba.com/
幣舞橋(ぬさまいばし)
釧路川にかかる幣舞橋。港に停まる漁船や川の先に続く海の風景、夜のライトアップも素敵だけど、特にきれいなのは夕暮れ時。海に沈んでいく夕日が一面をオレンジ色に染めて、ロマンチックなひと時に。
釧路市北大通1丁目
釧路フィッシャーマンズワーフMOO
釧路川沿いに建つ複合商業・観光施設。お土産がひと通り揃うショップや飲食ゾーン「港の屋台」など、見どころが盛りだくさん。カニのクレーンゲームも!?
北海道釧路市錦町2-4
0154-23-0600
http://moo946.com/
冬の湿原号
また、カフェカーでスルメを買って、社内に設置されただるまストーブであぶって食べるのも楽しみのひとつ。沿線ではたびたびタンチョウを見かけることもあり、茅沼駅はタンチョウが飛来する駅とも言われます。時間があれば釧路湿原駅で降車し、湿原の大パノラマが広がる細岡展望台に立ち寄ってみましょう。
エクスプレスバス10号
標茶駅から徒歩4分の藤花温泉ホテルで、「星空の黒牛」を使ったレトルトパックのお土産を買っておこう。
硫黄山
川湯温泉から約3キロに位置する硫黄山は、噴煙がゴーゴーと音を立てて立ち上がり、まさに地球の鼓動を感じられる場所。レストハウスにある「温泉卵」は必食!
北海道川上郡弟子屈町
015-483-2670(川湯観光案内所)
川湯温泉
複数の温泉宿が立ち並ぶ川湯温泉は、強酸性の泉質により血行を良くし、肌をツルツルにする効果があると言われている。
北海道川上郡弟子屈町川湯温泉
PANAPANA
川湯温泉駅前にある、センスのよい食器や雑貨・手作りのパンを販売するお店。パンは午前中で売り切れることも!
北海道川上郡弟子屈町川湯駅前1-1-14
015-483-3188
https://panapana87.com/
ダイヤモンドダスト in KAWAYU
2月上旬から2月下旬にかけて、川湯神社周辺で毎日行われているイベント。気温が氷点下10度以下になる日には空気中のダイヤモンドダストがライトアップされ、とっても神秘的!
015-483-2101(ツーリズムてしかが内)
オーチャードグラス
1936年に建てられた駅舎を利用した喫茶店。特製ビーフシチューや、湧き水で淹れたコーヒーがおすすめ!
北海道川上郡弟子屈町川湯駅前1-1-18
015-483-3787
氷の世界・オホーツク
氷の世界オホーツク
樹氷・ダイヤモンドダスト見学
天候により発生する摩周湖周辺の樹氷は息をのむほどに美しい。空気中の水滴が氷り、太陽の光に反射するとまるでダイヤモンドのように見えるダイヤモンドダストにも出会えます。屈斜路湖は、11月末〜4月にかけて白鳥が集まる飛来地です。
網走駅→オホーツク流氷館
網走市内の観光施設を巡るなら、網走バスの「1DAYパス」がお得で便利! オホーツク流氷館は、流氷とオホーツク海の生き物をテーマとした観光施設。濡れタオルを凍らせる「しばれ体験」が人気。3F展望テラスからのオホーツクの眺めも壮大です。オホーツク海の塩を使った「流氷アイスクリーム」もぜひ。
北海道網走市天都山244番地3
0152-43-5951
https://www.ryuhyokan.com/
網走バス→道の駅「流氷街道網走」
冬期間、流氷砕氷船「おーろら」の発着場にもなるショッピングスポット。オホーツク海をイメージした鮮やかなブルー色の地ビール「流氷ドラフト」は、すっきりとした爽やかな飲み口でおすすめ!
北海道網走市南3条東4丁目
0152-67-5007
http://www.hokkaido-michinoeki.jp/michinoeki/2986/
網走流氷観光砕氷船「おーろら」
冬になるとオホーツク海を真っ白に埋め尽くす流氷。この流氷を船の上から楽しめる流氷観光砕氷船「おーろら」は、その迫力に衝撃を受けること間違いなし!
北海道網走市南3条東4丁目
0152-43-6000
https://www.ms-aurora.com/abashiri/
博物館 網走監獄
網走刑務所の旧建造物を保存・公開している野外の博物館。古くは明治24年(1891年)に建築された建物など、今から100年以上前に作られた木造建築物が多数あり、そのうちの4棟が国の重要文化財、3棟が国の有形登録文化財に指定されています。
北海道網走市字呼人1-1
0152-45-2411
https://www.kangoku.jp/
まだまだある網走の魅力
網走湖 わかさぎ釣り体験
網走湖の氷上で、初めての方でも簡単にできるフィッシング。釣れた魚は最後に天ぷらにして召し上がれ!
お問い合わせ:0152-46-2777
ホーストレッキング
初心者やお子様でも体験できる乗馬コースがいろいろ! オホーツク海を見下ろす高台からの景色は最高!
お問い合わせ:0152-46-2121
網走モヨロ鍋
オホーツクサーモンなど、オホーツクの魚介類と網走発祥のすり身を特製の鍋でいただくご当地鍋。各提供店によって具材も違うので、お気に入りの一軒を見つけてみては!?
鉄道から眺める! 景色と冬の海の幸
鉄道から眺める!

景色と冬の海の幸
流氷物語号
2月上旬から約1ヶ月間運行する「流氷物語号」で、一度は体験してみたい鉄道による流氷観光が可能に! 知床斜里行きの列車は「北浜駅」で10分停車し、展望台から流氷を観察。また、網走行きの列車は「浜小清水駅」に20分停車し、駅に隣接する道の駅でショッピングを楽しもう!
北浜駅
オホーツク海に一番近い駅として有名な北浜駅。ホーム脇には海を一望できる展望台が! 流氷が広がる景色が見られ、晴れた日には知床連山も美しい。
ウトロ
流氷ウォーク
2月上旬〜3月上旬に体験可能。流氷の上を歩いて寝そべって、最後は流氷と一緒に海に浮かぶ体験。間近で見る流氷の大きさにびっくり。
知床流氷フェス
「流氷ライトアップ」・「アイスドーム」・「アイスバー」など、美しい氷の造形を見ながら冬の厳しい寒さを体感。心地よい温もりとオレンジ色の炎が美しい焚火スペースも!
開催期間 2019年1月30日(水)〜2月28日(木)
0152-22-2125(知床斜里町観光協会)
道の駅「うとろ・シリエトク」
土産物が揃う売店やレストランが内設。レストランの人気No.1メニューは「日替り海鮮丼」。
北海道斜里町ウトロ西186-8
0152-22-5000
http://www.hokkaido-michinoeki.jp/michinoeki/2884/
根室で花咲ガニ
根室といえば「花咲ガニ」。地元の居酒屋で味わうには事前予約がおすすめ! また、根室駅前には花咲ガニ専門店が並んでいて、買って持ち込める居酒屋も。「サンマ」も有名で、サンマを生のお刺身で食べられるのは、北海道ならでは。
氷の世界・オホーツク
氷の世界オホーツク
根室 納沙布岬の日の出
「朝日に一番近い街」のキャッチコピーを持つ根室市。その中でも、日本で一番早く日の出を見ることができる場所として有名な「納沙布岬」から見る朝日は感動の一言! 納沙布岬へは車で行くのがおすすめ。
日の出の時間
冬至(12月22日)…6:50頃
夏至(6月22日)…3:40頃
JR花咲線→厚岸駅
JR根室本線の釧路駅から根室駅を走る通称「花咲線」。湿原や海岸線など道東の大自然を満喫しながら走るこの列車は、見どころでゆっくり走ってくれたり、無料アプリをダウンロードすれば見どころを「音声ガイド」で聞くことができたり! 根室駅・東根室駅・厚岸駅で受け取れる、ご当地弁当の出張販売(要予約)もぜひ活用してみて!
道の駅「厚岸グルメパーク」・厚岸味覚ターミナル「コンキリエ」
牡蠣の産地で有名な厚岸町。厚岸味覚ターミナル「コンキリエ」や厚岸漁業協同組合直売店「エーウロコ」などで、新鮮で美味しい牡蠣を食べたり買ったりできる、牡蠣好きにはたまらない街。花咲線でぜひ途中下車してほしい。 道の駅「厚岸グルメパーク」施設内2階にある「炭焼き 炙屋」では、隣にある魚介市場からとれたての食材を購入し、セルフでバーベキューが楽しめます。元祖 バケツ牡蠣は10個入りで1,500円! 話題の厚岸ウイスキーと新鮮な生牡蠣の相性は抜群! 牡蠣の食べ比べも!