ひがし北海道 Explorer The Wonderland. Eastern Hokkaido Explorer The Wonderland. Eastern Hokkaido

『 プライムロード ひがし北・海・道』推進協議会 オフィシャルWEBサイト

MENU

【六花亭 帯広本店】ストーリー

【六花亭 帯広本店】ストーリー

北海道定番のお菓子。六花亭帯広本店でスイーツを味わう。

いまや絶大な人気を誇るスイーツを世に送り出し続けている六花亭製菓。

hokkaido-rokkatei-obihiro-main-store-01_R

六花亭は、帯広に本拠地を置き、店舗は道内のみ。六花亭の喫茶室ではゆっくり座って喫茶室限定のスイーツを味わうことができます。

※本記事は、「北海道ラボ」の記事を転載したコンテンツです。元記事はこちらよりご覧いただけます。

1.六花亭とは?

六花亭は1933年に創業。地域に根ざしたお菓子屋さんです。(1952年に屋号を帯広千秋庵から六花亭に変更)

六花(りっか)は雪の結晶の意味で、北海道を代表する菓子屋になるようにとの願いをこめて、当時、東大寺管長だった清水公照氏に命名していただいたのだそうです。

六花亭 帯広本店は1933年創業時に今と同じ場所で営業をスタートしました。

hokkaido-rokkatei-obihiro-main-store-02_R

1952年の社名変更はひとつの転機に。
屋号を変えたら受け入れてもらえないのではないか、という危惧もあったそうですが、その時、名刺のような役割を果たしてくれたのが、花柄の包装紙でした。

hokkaido-rokkatei-obihiro-main-store-03_R

こちらの花柄模様の包装紙。見たことがある方も多いと思います。

坂本直行さんが描いた愛らしい草花でいっぱいの世界は、十勝六花(エゾリンドウ、ハマナシ、オオバナノエンレイソウ、カタクリ、エゾリュウキンカ、シラネアオイ)や北海道にゆかりのある野草や花がモチーフに。

hokkaido-rokkatei-obihiro-main-store-04_R

包装紙やパッケージを見ただけで六花亭のお菓子を思い浮かべてしまいますよね。
かわいい花柄マスキングテープや文房具も店頭に並んでいます♪

hokkaido-rokkatei-obihiro-main-store-05_R

hokkaido-rokkatei-obihiro-main-store-06_R

2. 帯広本店 もらってうれしい!人気お土産スイーツ

1階の店舗から人気お土産スイーツをご紹介していきましょう。

手土産の一番人気は「マルセイバターサンド」
1952年の社名変更時に、記念菓として発売したものが口コミで広がり、北海道土産として認知されるように。

hokkaido-rokkatei-obihiro-main-store-07_R

六花亭オリジナル小麦粉をつかったビスケットでホワイトチョコレート、レーズン、北海道産のバターをあわせたクリームをサンドしたお菓子です。

言わずもがなのロングセラー商品です。

包装紙は、十勝開拓の祖・依田勉三が率いる晩成社が明治30年代に作ったバターのラベルを複製しています。

hokkaido-rokkatei-obihiro-main-store-08

「自宅にいつもあったおやつが六花亭だったから」「北海道土産で食べたマルセイバターサンドに感激したから」入社面接時では、こんな嬉しい志望理由を聞くこともあるそうですよ。

hokkaido-rokkatei-obihiro-main-store-09_R

詰め合わせの定番は「十勝日誌」です。(写真右側)
安政5年(1858年)頃の十勝の様子が記された紀行文の原本から、表紙などを複製した箱の中に焼菓子を中心に詰めたもの。
「十勝日誌」も帯広千秋庵時代から続くロングセラー商品です。

3. 人気の喫茶メニュー

帯広本店に来たらぜひ寄っていただきたいのが喫茶室。
喫茶室は2階にあり、白を基調としたシンプルで落ち着く空間です(全席禁煙)

hokkaido-rokkatei-obihiro-main-store-010_R

地元の方が気張らず仲間とおしゃべりしたり、日々のリラックスタイムとして利用されています。

hokkaido-rokkatei-obihiro-main-store-011_R

そこで人気の喫茶メニューをお聞きしてみました!

「サクサクパイ」
ここに来なければ食べられないスペシャルなものを、と考案されたサクサクパイ。(1個 180円)

hokkaido-rokkatei-obihiro-main-store-012

hokkaido-rokkatei-obihiro-main-store-013

サクサクっとしたパイの食感と、しっとりとしたクリームが絶妙!
クリームもたっぷりで甘さ控えめです。現在は、帯広地区直営店、札幌本店で提供しています。

パイの食感を損なわないよう、3時間以内に食べていただくのをオススメしているお菓子です。まさに瞬間を楽しんでいただく一品!

夏場はライダーのバイクで駐車場がいっぱいになり、バイクに腰掛けながらサクサクパイを食べている様子も風物詩になっているのだそう。

hokkaido-rokkatei-obihiro-main-store-014_R

1階のイートインスペースでも食べられます。

「マルセイアイスサンド」

アイスクリームにホワイトチョコレートとレーズンを加え、ビスケットでサンドした「マルセイアイスサンド」(200円)

サクッとしたビスケットの食感とひんやり濃厚なアイスが口の中でまろやかに溶けていきます。
マルセイバターサンド好きにはたまりませんっ!

帯広本店、札幌本店オリジナルデザートです。

hokkaido-rokkatei-obihiro-main-store-015_R

2016年11月14日撮影・メニュー内容は季節によって変更あり

また冬のこの時期は「ホットケーキ」も喫茶室の定番人気。
季節代わりのメニューが多い中、ホットケーキは通年メニューとして根強い支持を得ているのだそう。

バター&メープルシロップをたっぷりかけてどうぞ。

ピザ(700円〜)も数種類のメニューから選ぶことができ、喫茶室では定番の軽食になっています。

hokkaido-rokkatei-obihiro-main-store-016_R

2016年11月14日撮影・メニュー内容は季節によって変更あり

2015年からの新メニュー 六花亭オリジナル「六花の森ヨーグルト」も好評です。

季節のメニューでは、夏は練乳を凍らせて削ってつくるかき氷「六花氷(ろっかごおり)」やソフトクリーム「雪やこんこ まじりっけなし」、冬は「ぜんざい」も人気なのだそう。

季節が変わるたびに楽しみが増えますね。

4. 六花亭の素敵なサービス

この日、「サクサクパイ」と「マルセイアイスサンド」を注文し、さぁ、食べよう!と思ったその瞬間、店員さんが目の前でハッピーバースデー♪と歌を歌っていらっしゃいました。

hokkaido-rokkatei-obihiro-main-store-017_R

六花亭 喫茶室では、来店当日が誕生日という方はケーキ&ドリンク無料(※証明書必須)希望すればバースデーコーラス のプレゼントも。

なんて素敵なサービスなのでしょう!

店員さんが3名、テーブルまで来てくださり素晴しいコーラスでお祝いしてくださいます。

誕生日には六花亭喫茶室、と、親子三代で来店される常連さんもいらっしゃるそうですよ。

5. 楽しさ広がる!六花亭 お菓子のおいしい食べ方

六花亭のお菓子はポケットマネーで買えるお手頃価格。楽しみ方も様々です。

hokkaido-rokkatei-obihiro-main-store-018_R

マルセイバターサンド」は、冷蔵庫で冷やして食べる他、冷凍庫で保管し、アイス感覚でいただくお客様もいらっしゃるそう。

hokkaido-rokkatei-obihiro-main-store-019_R

次に、写真手前の「六花のつゆ」。砂糖の薄い膜で香り良いお酒を包み込んだボンボンです。こちらの「六花のつゆ」を紅茶に一粒いれて飲む方も。

hokkaido-rokkatei-obihiro-main-store-020_R

最後は、写真手前 黄色いパッケージの「大平原」
北海道産のバターをふんだんに使った香り豊かなマドレーヌです。

「大平原」をレンジで温めてバターの風味を楽しみ、さらに温めた大平原を牛乳にひたして食べる、など楽しみ方は広がります♪

hokkaido-rokkatei-obihiro-main-store-021_R

6. 六花亭 帯広本店へのアクセス

hokkaido-rokkatei-obihiro-main-store-022_R

◯アクセス
・帯広駅 北口から徒歩約10分。

〈「六花亭 帯広本店」〉
HP)http://www.rokkatei.co.jp
住所)北海道帯広市西2条南9丁目6
営業時間)
1F店舗    9:00~19:00
2F喫茶室 11:00~17:30(オーダーストップ17:00)
(季節によって変動あり)
定休日)なし
電話)0120-12-6666

おわりに

毎日足を運びたくなるお店を長年営んでいる六花亭。
目移りするほど、和菓子、洋菓子、焼菓子とジャンル豊富です。

hokkaido-rokkatei-obihiro-main-store-023_R

帯広へお越しの際は、お土産選びから喫茶室でのスイーツタイムまで満喫してみてください。
※本記事は、「北海道ラボ」の記事を転載したコンテンツです。元記事はこちらよりご覧いただけます。