ひがし北海道 Explorer The Wonderland. Eastern Hokkaido Explorer The Wonderland. Eastern Hokkaido

Explorer The Wonderland. Eastern Hokkaido Official web site

MENU

阿寒湖ワカサギ釣り(体験)

阿寒湖ワカサギ釣り(体験)

真冬の阿寒湖で、氷上ワカサギ釣り&天ぷらを食すまで!

冬ならではの釣りとして人気が高いのが、氷上ワカサギ釣り。

akan-wakasagi-fishing

凍った湖の上から穴を空けて釣る、北海道の冬だから楽しめる体験といえるでしょう。

ということで今回は、阿寒湖で実際にワカサギ釣りを体験してみましたので、その一部始終をご紹介いたします。

※本記事は、「北海道ラボ」の記事を再編集したコンテンツです。元記事はこちらよりご覧いただけます。

1.今回の釣り場、冬の阿寒湖について

北海道・道東にある湖、阿寒湖。ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで三ツ星評価(北海道内ではわずか6か所)を得た、道東を代表する観光地として人気があります。

01_lake-akan-sky

阿寒湖は寒い冬になると、一面氷に閉ざされ真っ白に。その凍った湖面を活かして、氷上フェスティバルやスケート、スノーモービルなども楽しむ事ができる為、冬も多くの観光客が訪れます。

02_lake-akan-wakasagi-zenkei

その中でも、冬の遊びでとっても人気なのが、氷上ワカサギ釣りなのです。

(ワカサギ釣りテントやスケートリング、スノーモービルもできます)

阿寒湖なら、本格的な釣り師でなくても、「温泉旅館に泊まって、おいしいごちそうを食べて、ちょっとわかさぎ釣りもやってみる」という感じで、気軽にわかさぎ釣りを楽しるのが魅力。

2.ワカサギ釣りは気軽に楽しめます!

本格的な釣り師でなくても、「温泉旅館に泊まって、おいしいごちそうを食べて、ちょっとわかさぎ釣りもやってみる」という感じで、気軽にわかさぎ釣りを楽しるのが魅力の阿寒湖でのワカサギ釣り。
さらに、釣ったワカサギはすぐに天ぷらにして食べることができるのが大きな魅力です。

なお真冬の阿寒湖は防寒対策は必須。十分に着込んでから臨むことをおすすめいたします。

3.阿寒湖のワカサギ釣り場はこんなところ

03_ice-land-akan-parking

阿寒湖のワカサギ釣り場。湖の中央まで歩くというようなしんどい思いをすることはありません。
温泉街の中心部から湖に向かって歩くこと3~4分程度。
湖上駐車場!もあるため、車でそばまで行くことも可能です。
氷の上といっても雪が積もっているので、そんなにつるつる滑ることもありません。

4.初心者でもOKのワカサギ釣り

阿寒湖のワカサギ釣りはいろいろ道具を準備しなくてもOK!湖上にある受付で、
釣り竿、餌、椅子を貸してもらい、すでに立っているテントへ行けばいいだけ。安心です。
ちなみに料金はおひとりさま1,500円(釣りの後に使う天ぷら券付)。

04_ice-land-akan-front

おじちゃんから貸してもらいます。

05_ice-land-akan-staff

人気はありませんが、テントの中には釣り人がいます。

06_ice-land-akan-tent-site

5.釣りの準備をします。

テントの中はこんな感じ。3名まで釣り可能ですがいっぱいだとちょっと狭い程度。テントを選ぶと係員さんが、穴に新たについた氷を取ってくれます。

こんな感じで氷をすくいとります。

07_ice-land-akan-tent

08_ice-land-akan-ice-spot

6.ワカサギ釣り、スタート!

家族、グループ向けに大きな8人用もあります。

テントに入ると、椅子を広げて、テントの入り口のチャックを内側から締めます。そうするとテントの中は無風状態になり、全然寒さを感じなくなります♪この日はマイナス12℃でしたが、テント内では手袋をつけなくてもOKでした。

09_ice-land-akan-widetent

竿にはもう針がついていますので、受付でもらった餌=紅さし虫、を4つある針につける・・・。

この袋のなかに餌たちが・・。
ちょっとムニっとする感じ、虫嫌いの方は苦手かと思います・・。

11_ice-land-akan-red-3-warms

10_ice-land-akan-red-warms

さて、竿に餌をつけたら、後はそのまま沈めるだけ。リールが回らなくなるまでそのまま仕掛けを垂らし、底についたら少しリールを回し、あとは竿の上げ下げ。
実際、初心者でも子供でも、誰でもできます。

それから、約3分ほど。わずかに動いた気がしたので上げてみると、まだ魚はついてなく餌もそのまま。

12_ice-land-akan-fishing-image

「やっぱり上手くいかないなあ~」なんて思いながらもう一度仕掛けを垂らしてみると・・・。

今度は”ピクピク”っと、手にちゃんとわかる反応が! その後リールを回して上げてみると・・・、そこにワカサギが3匹!

13_ice-land-akan-get-3-wakasagi

ワカサギが天ぷらに♪

感動の瞬間です。
ワカサギ自体が小さい為か、割とすんなり針から取ることができます。

そして釣った魚は、そのまま雪の上に。雪の上で跳ねはしますが、穴まで行くわけでもないので安心です。

14_ice-land-akan-wakasagi-on-ice

その調子で続けると、どんどん釣れます。

15_ice-land-akan-wakasagi-fishing2

大き目のわかさぎ(約15センチ)もGET!

4連でも釣れます♪

16_ice-land-akan-wakasagi-fishing3

17_ice-land-akan-wakasagi-fishing4

で、結局、開始から約30分で20匹を釣り上げることができました。

18_ice-land-akan-20-wakasagi

7.ワカサギが天ぷらに♪

釣ったお魚を持ち、受付から約200メートル先にある湖岸のお食事処へ。

19_ice-land-akan-tenpura-restaurant

受付でもらったチケットと釣ったワカサギを渡すと、約10分で天ぷらに!

20_ice-land-akan-tenpura-restaurant3

これはうまい!

マリモも育つほどに水がきれいな阿寒湖の釣りたてのワカサギ、美味くないはずがありません。
また、いわゆる汽水湖(海水が混じった湖)のワカサギと比べると、骨が固くなく臭みもないのだとか。

21_ice-land-akan-tenpura

大きめのメスわかさぎには卵も!おいし~い。

と、ここでちょうど釣りを始めて1時間。これだけ満喫できて1,500円は安い!楽しさもお腹も、とっても満足なワカサギ釣り体験でした。

22_ice-land-akan-tenpura2

8.他のひがし北海道ワカサギ釣りスポット!

阿寒湖のわかさぎ釣り情報

さて北海道にはここ阿寒湖の他にも、氷上ワカサギ釣りができるスポットがあります。場所により貸竿の有無がありますので、手ぶらで釣りたい人はよく確認ください。

・網走湖
http://www.abakanko.jp/news/event/wakasagi.html
(網走市観光協会ウェブページ)
・糠平湖(ぬかひらこ)
http://www.kamishihoro.jp/page/00000158
(上士幌町観光協会ウェブページ)

・ホロカヤントー
http://www.town.taiki.hokkaido.jp/soshiki/nourinsuisan/suisan/wakasagi.html

(大樹町ウェブページ)

http://www.koudai-akan.net/iceland/wakasagi.html
•1セット ¥1,500(釣具一式・遊漁料込)
•営業時間 : 午前8時より日没まで
•営業時間 : 1月上旬から3月下旬まで
•電話番号:0154-67-2057(有限会社広大)

※本記事は、「北海道ラボ」の記事を再編集したコンテンツです。元記事はこちらよりご覧いただけます。