ひがし北海道 Explorer The Wonderland. Eastern Hokkaido Explorer The Wonderland. Eastern Hokkaido

Explorer The Wonderland. Eastern Hokkaido Official web site

MENU

釧路名物『炉端焼き』を、実際に食べてきました@炉ばた煉瓦

釧路名物『炉端焼き』を、実際に食べてきました@炉ばた煉瓦

釧路名物『炉端焼き』を、実際に食べてきました@炉ばた煉瓦

広い北海道の中でも、雄大な自然と豊かな食文化が発展している”釧路”。
釧路での観光と共に楽しみたいのが、現地での食事ですよね。

02_robata-renga-top640

ここ釧路では海鮮が特に有名で、釧路和商市場の”勝手丼”や炉端焼きが主な代表例。

今回は、炭火でお好みの海鮮などを堪能できる”炉端焼き”を実際に食べに行きました!

「釧路で何食べようかな…」とお悩みの方、ぜひ一度ご一読ください。

※本記事は、「北海道ラボ」の記事を転載したコンテンツです。元記事はこちらよりご覧いただけます。

1.炉端焼きとは?

炭火と焼き網を使用し、魚介を始めとする具材を焼いて食べる料理。
BBQに似ていますが、目の前の炭火で焼き食べる方法は釧路で発展しました。
長いしゃもじを使用して頂くのも、炉端焼きの大きな特徴です。
魚介は水産工場からの直営で、新鮮な魚介を食べられます!

01_robatayaki

2.炉ばた煉瓦

今回は、釧路フィッシャーマンズワーフからほど近い、釧路炉ばた焼店でも人気が高い「炉ばた煉瓦(れんが)」を訪ねました。
煉瓦倉庫を改装している建物には、どこか趣を感じられます。

02_robata-renga-top640

中に入ると、魚介類が入っている水槽を発見。
水槽の中の海鮮を食べられるなんて…なんとも贅沢です。

03_robata-renga-shell

2-1.炉端焼きセット

店内に入り、メニューを見て食べるものを選択します。
私達は迷った結果、「炉ばた焼のススメ!(4,398円/税抜)」を注文しました。
魚介類を始めとする炉端焼きに、おつまみ等もついてお得感満載!

04_robata-renga-meni

まず最初に到着したのは、お刺身・漬物・枝豆などのおつまみと炉ばた焼セットの豚。
お刺身は釧路の漁港から直送したものを使用しているそうです。

ビールと夕張メロンサワーで乾杯後、早速おつまみから美味しく頂きました!
お刺身はどれも非常に美味しく、この後追加で注文することに。

05_robata-renga-assortment

おつまみを堪能し、お酒もほどほどに進んだ所でいよいよ炉端焼きを頂きます!
最初は店員さんが、焼き方などを説明してくれました。

06_robata-renga-grill

新鮮なサバやホタテ、氷塩熟成紅鮭...先程お伝えした通り、釧路の産直市場より直送されています。
どれも美味しそうなのですが、一番感激したのは大きなサバ!
こんな立派なサバを見たのは初めてで、しばらく見つめてしまいました…。

07_robata-renga-yaki

魚介類が焼けるのを待つこと約15~20分。(お酒を片手に話していると、あっという間に時間が経っていました)
ついにサバを始めとする魚介類が、焼きあがりました!
良い色がついており、お魚の脂がジュワッと出ていて美味しそう!
我慢出来ないので、早速いただきま~す♪

08_robata-renga-grilled-fish

炉端焼きを食べた感想:

炭火を使用しているからか、魚介類・お肉・お野菜ともにふっくら仕上がっていました。
特にサバは程よく脂が乗っており、最後まで美味しく頂けました。

常に温かい状態で食べられるのも、個人的にはポイント高かったです!
北海道の海鮮というと、新鮮なお刺身を想像しがちですが炉端焼きでも十分新鮮な海鮮を堪能できました。

2-2.他にもこんなに楽しめる!

先程紹介した「炉ばた焼のススメ!」の他にも、食べてみたいメニューがあったので注文しちゃいました♪

追加注文したのはこちらの2つ。
・はもの蒲焼き(463円/税抜)
・ジンギスカン(741円/税抜)

09_ronata-renga-jingisukan


ハモの蒲焼は、淡白なハモの身に甘辛いタレが相性抜群!
焼いていくと徐々に身が丸くなっていく様子が、見ていて楽しかったです。

ここまで魚介類を食べ続けていたので、ジンギスカンも注文。
炭火で焼くジンギスカン、初めて食べましたが非常に美味でした。

2-3.〆はこれ!

炉端焼きを十二分に堪能したところで、〆も食べました♪
今回私が選んだのは、北海道っぽく「絶品 塩いくら丼 小(880円/税抜)」。
(相方は、豪勢なうに&いくら丼(小)を注文していました。)

10_robata-renga-ikura-don

新鮮ないくらが、丼一面に敷き詰められています。
光の影響か、一粒ひと粒輝いて見えます…(私だけでしょうか)

11_robata-renga-ikura食べた感想:

これまで、いくらの醤油漬けしか食べたことのなかった筆者。

塩いくらになると、よりいくら本来の旨みや味わいが堪能できました。

一口食べると、弾力を感じられるプチプチとした食感がたまらなかったです!

12_robata-renga-avenue

3.おわりに

以上、釧路の炉端焼き、いかがでしたでしょうか?
自分で魚介類を焼くことによって、食事の楽しさや観光気分も上がりました。

新鮮な魚介類を食べている時間は、まさに至福のひと時♪
釧路観光の際には、ぜひご賞味くださいね。

基本情報、アクセス情報

基本情報

【本格炭火焼レストラン 炉ばた煉瓦】
住所:釧路市錦町3丁目5-3
TEL:0154-32-3233
営業時間:17:00~23:00(L.O.お食事22:00/ドリンク22:30)
予算:3,000円~4,000円/1人当たり
※対応クレジットカード: 日専連・JCB・VISA・Master・UC・CF・NICOS・JACCS・LIFE・AMEX・デビットカード・nanaco・QUICPay
駐車場:専用駐車場有り(10台)
URL:http://www.renga.jp/index.html
“アクセス情報

JR釧路駅より…車で5分、徒歩13分
釧路空港より…車で40分
※道路状況によっては、所要時間が異なってきます。

※本記事は、「北海道ラボ」の記事を転載したコンテンツです。元記事はこちらよりご覧いただけます。