ひがし北海道 Explorer The Wonderland. Eastern Hokkaido Explorer The Wonderland. Eastern Hokkaido

Explorer The Wonderland. Eastern Hokkaido Official web site

MENU

地元に愛されるローカルフード!釧路スパカツの名店3選

地元に愛されるローカルフード!釧路スパカツの名店3選

地元に愛されるローカルフード!釧路スパカツの名店3選

image1

 

釧路民のローカルフードといえば、スパカツ!
スパカツとは、カツレツをミートソーススパゲティの上にのせた料理のこと。黒い鉄板皿に盛られています。

北海道 釧路の冬は寒いので、寒い中でも冷めないうちにアツアツの状態で食べられるよう、鉄板皿での提供がスタートしたのだそう。発祥は釧路市の「レストラン 泉屋 本店」。

今回は釧路のスパカツを「レストラン泉屋 本店」を含めて3軒ご紹介します。

お店によって見た目も味も違いますが、お店独自の味を活かし、釧路民はもちろん、全国のファンに愛されているソウルフードです。

どのお店も標準の量が多め!サービス精神にあふれています。

レストランによってメニュー名は違いますが「スパカツ」とオーダーすればOKです。

それでは早速まいりましょう!

※本記事は、「北海道ラボ」の記事を転載したコンテンツです。元記事はこちらよりご覧いただけます。

1.スパカツの元祖!レストラン泉屋 本店「スパカツ」

地元の人達に聞いた「自分の街に1つだけ残したい味」3年連続1位 (北海道テレビ放送:世界に一つだけの味2004〜2006 釧路編)に選ばれた、レストラン泉屋の「スパカツ」。

レストラン泉屋はスパカツの元祖。幣舞橋(ぬさまいばし)のすぐ近くに本店があります。社長は札幌のホテルで修行され、1960年頃(昭和35年頃)スパカツを始めました。

01_kushiro-local-food-spa-katsu

当時は豚肉が高価な時代。

洋食文化がなかった釧路で草分け的な存在でした。お客様に贅沢感を味わっていただこうと思い、トンカツをスパゲティの上に載せ、寒い釧路でも鉄板皿なら最後まで熱々のまま食べていただけるのではないかと考案。

02_kushiro-local-food-spa-katsu

当初は「スパゲティミートソースカツのせ」という名称でしたが、厨房で「スパカツ」と会話しているのを聞いたお客様がいつの間にか使うようになり、自然と定着していったのだそう。

「スパカツ」は熱々の鉄板皿で運ばれてきます。スパゲティの上にトンカツが1枚載っています。
まずこの光景に圧倒されます!ジュージューバチバチバチ、数分間音を立てています。

04_kushiro-local-food-spa-katsu

食べる前から何かのショーが始まるようなワクワク感!これが、スパカツなのです。

さぁ、早速食べてみましょう!

・・・とその前に、エプロンを。(ソースが跳ねて洋服に付いてしまうこともありますので、エプロンをつけることをお勧めします。)

05_kushiro-local-food-spa-katsu_top

それでは、いただきます!

熱っ。(やけどに注意です)鉄板皿なだけあって、湯気がすごい!
ハフハフしながら「スパカツ」をいただきます。

普通サイズですごいボリュームです!(「スパカツ」961円(税込)テイクアウトOK。)
濃厚ミートソースが食欲をそそります。
麺は太麺1.9mm。弾力と歯ごたえがあります。

日清製粉のデュラムセモリナ100%を使用。泉屋だけのオリジナルサイズなのだそう。

ミートソースが太麺とよく絡んで美味!

ミートソースは、昭和35年からずっと引き継がれている味です。
たまねぎの甘みで濃厚。

トンカツも柔らかくてカツ単品で食べても良いくらいの充実度。

鉄板が熱いので、最後まで熱々の状態で食べられます。十分なくらい熱いのですが、なかには「もっと鉄板皿を熱くして持ってきてね」という常連の方も。

鉄板皿の下の方にはスパゲティのおこげ(コゲ麺)が付いています。パリッとした食感が楽しめます。この日、近くに座っていらしたスーツ姿の男性もペロッと平らげていらっしゃいました。

06_kushiro-local-food-spa-katsu

泉屋で人気メニューのスパカツ。
他のメニューも豊富。

07_kushiro-local-food-spa-katsu

レストラン1階が喫煙、2階は分煙(土日祝日は完全禁煙)
平日は地元の方が多く、週末は観光客の方が多いそう。

08_kushiro-local-food-spa-katsu

レストラン泉屋は、昔ながらの老舗の洋食屋です。
洋食の基本を忠実に守って釧路の気候に合った味を提供されています。
涼しい気候は体がこってり感を求めます。
そんな釧路の風土に適したちょっと濃いめの洋食。

見た目に圧倒されて、食べて美味しくて、また食べたくなるクセになる味。

伝統を引き継いでいく老舗の洋食屋「レストラン泉屋」のスパカツを、ボリューム、味、食感、バチバチという音、五感で楽しんでみてください。

〈レストラン泉屋 本店〉

住所)北海道釧路市末広町2−28
TEL)0154-24-4611
営業時間)11:00〜21:30(ラストオーダー21:00)
定休日)月1回火曜日(月によって不定。第何火曜が休みかは店舗に要確認)
駐車場)近隣に有料駐車場有
アクセス)JR釧路駅から徒歩で約20分
フィッシャーマンズワーフMOOから徒歩で約5分

2. 迫力のカツ!レストラン山彦「ミートカツ」

次にご紹介するのは、2016年で51年目を迎えた「レストラン 山彦」釧路駅から徒歩で約10分のところにあります。
マスターはレストラン泉屋出身。一番の人気メニューは「ミートカツ」

12_kushiro-local-food-spa-katsu

ジュージューと音を立てて、アツアツの「ミートカツ」が運ばれてきました。
エプロンも貸してもらえます。

早速エプロンをつけていただきます。

10_kushiro-local-food-spa-katsu

ミートソースは少々ピリ辛で美味!(「ミートカツ」980円(税込)酸味が効いています。私は酸味が好きなので、最後まで飽きずにいただけました。

「タレが美味しい」とよくお客様から言われるそうです。たまねぎや挽き肉などすべての具材がバランス良く掛け合わさっています。

11_kushiro-local-food-spa-katsu

挽き肉の喉越しも良く、喉に絡まず80代・90代の常連の方も喜んで召し上がるのだとか。麺も太すぎず細すぎず、食べやすいです。ピリ辛なのに、さらにタバスコをかける方もいらっしゃるそう。

取材に伺った際「40年ぶりに食べに来ました」という女性がいらっしゃいました。地元民にとって無性に食べたくなる味。入り口や外観も昔と変わっておらず、懐かしく思って立ち寄ってみたのだそう。

12_kushiro-local-food-spa-katsu

「ミートカツ」のカツはチキンカツ。

カツに迫力があります。初めてオーダーしたお客様からは「鉄皿に一枚ヒレカツが載ってる!!」と驚きと喜びの声が上がるのだそう。

カツはサクサクの衣に包まれています。

ミートが上にかかっていないのでアッサリした味。鶏肉がとっても柔らかくて、カツだけでも満足。

13_kushiro-local-food-spa-katsu

3世代で山彦の「ミートカツ」を食べに来られるご家族もいらっしゃるのだとか。
お盆休みや帰省の際にファミリーで立ち寄る方も多く、帯広や北見からもリピーターの方が定期的に訪れるそうです。
飛行機に乗って食べに来るお客様や、新潟から毎年ツーリングに来る男性、一年に1度、旭川から必ず訪れる方も。

14_kushiro-local-food-spa-katsu

現在はお客様の声から、全席禁煙になっています。
カウンター席のほか、小上がり有り。
相撲力士やお笑いタレントの色紙も飾ってありました。
「これからも変わらない味を維持してお客様に喜んでいただきたい」と話していらっしゃいました。
「レストラン山彦」は高校生が学校帰りに立ち寄ったりと、地元の常連のお客様に長年愛されているお店です。

〈レストラン山彦〉

住所)北海道釧路市新栄町1−17
TEL)0154-25-5274
営業時間)11:30〜15:00
17:00〜20:00(19:40ラストオーダー)
定休日)木曜日
駐車場)有り
アクセス)JR釧路駅から徒歩で約10分
くしろバス(36)白糠線 三共 徒歩約2分
くしろバス(36)白糠線 道銀前 徒歩約5分

3.濃厚ソースがたっぷり!スパゲティーハウス ピレネ「ミートソースカツレツ」

最後にご紹介するのは、1994年にオープンした「スパゲティーハウス ピレネ」釧路駅から徒歩約6分のところにあります。
店主は泉屋出身。店名のピレネは、動かざること山の如し ピレネー山脈から名付けられたそう。
緑・白・赤 国旗をイメージした外観。

15_kushiro-local-food-spa-katsu

「ミートソースカツレツ」(スパカツ)880円(税込)ピレネのスパカツは、ジュージュー音を立て、丸い鉄板皿で運ばれてきます。

アツアツの濃厚なミートソースが美味。

少し濃いめの味です。
ケチャップで甘さを出し、オリジナルの味を作ったそうです。

甘みと酸味のバランスがちょうどよく、スパゲティとソースがよく絡みあっています。

16_kushiro-local-food-spa-katsu

店主に尋ねてみたところ「ソースの量をたっぷりにしている」とのこと。確かに!

鉄板皿にあふれんばかりの麺とソースが入っています。最後の方で麺だけ残ってしまわないよう、すべての麺にからめて食べても余るくらいにしているのだとか。最後に残ったソースも味わえるのがうれしい!

カツレツは豚肉。ミートソーススパゲティが主役で、程よい量(約70〜80g)のカツが載っている、という感じです。

17_kushiro-local-food-spa-katsu

カウンター席。

18_kushiro-local-food-spa-katsu

テーブル席
店内は全席喫煙可。
タバスコの他、ハバネロソースもあります。ハバネロソースをスパゲティにかけると、味にアクセントがつきます。若いお客様に人気なのだとか。お好みでどうぞ。
Aから1品、Bから1品選べるコンビメニューも。豚肉が苦手な方は、スパカツをチキンカツに変えてみても良いかもしれません。(A ミートソーススパゲティ+B チキンカツだと1180円)ちなみにコンビでオーダーするチキンカツは200gのジャンボサイズです!冒険してみたい方はぜひ。

19_kushiro-local-food-spa-katsu-023_R

お一人様もいらっしゃればグループで食べに来られる方も。
グルメ情報を聞きつけて、ツーリングで札幌、北見、旭川からもお客様が来店されているのだそう。食べた写真をweb上にアップする方も多いのだとか。

20_kushiro-local-food-spa-katsu

テイクアウトもOKです。
混んで入れないときがあったら、利用してみてください。

「ミートソースカツレツ(スパカツ)」はプラス100円で大盛りにできます。(スパゲティ1.5倍の量。)

ハンバーグなどの肉料理で地元民に知られている「スパゲティーハウス ピレネ」

スパカツは、がっつり濃厚なミートスパゲティを食べたい方にオススメです。

1食食べれば、夜ご飯は控えめ or 食べなくてもいいくらいお腹を満たしてくれますよ。

21_kushiro-local-food-spa-katsu

〈スパゲティハウス ピレネ〉

住所)北海道釧路市共栄大通2丁目2番24号
TEL)0154-22-3213
営業時間)11:00〜14:00
17:00〜19:30
定休日) 元日、日曜日14:00以降
(日曜日の11:00〜14:00はオープンしています)
駐車場)有り
アクセス)JR釧路駅から徒歩で約6分
テイクアウトは営業終了時間の30分前までにお電話下さい

おわりに

釧路のソウルフードとして地元の人から長年愛され続けている「スパカツ」を3軒ご紹介してきました。

冒頭でもお話ししましたが、食べても食べてもなかなか減らないほど、普通盛りでも量が多めです。

釧路にお越しの際は、たっぷりお腹を空かせて(←ここ重要です!)ぜひスパカツをお楽しみください。

※本記事は、「北海道ラボ」の記事を転載したコンテンツです。元記事はこちらよりご覧いただけます。