Explorer The Wonderland. Eastern HokkaidoExplorer The Wonderland. Eastern Hokkaido

『 プライムロード ひがし北・海・道』推進協議会 オフィシャルWEBサイト

MENU

北見

北見

焼肉

対人口比率で焼肉店の数が北海道で最も多い北見市。最も寒さが厳しい2月の夜に1500人が屋外会場に集まり、七輪を囲んで焼肉を楽しむ「北見厳寒の焼き肉まつり」が開催されるほど焼肉好きのマチだ。市民のソウルフードである北見焼肉の歴史は1950年代、市内で手に入る新鮮なホルモンを手軽においしく食べられるお店が人気を呼び始まった。当時の国鉄職員が仕事を終えた後に皆で語らう場所として定着し、市民の間に広がっていったと言われている。60年の時を経た今も、焼肉を愛する市民の伝統は変わらず根付いている。
北見焼肉の特徴は、大きく4つ挙げられる。
その1~「基本はホルモン」北見焼肉の歴史は豚ホルモンを中心に広がった。
その2~「カルビより、サガリ」赤肉も横隔膜の部位として内臓肉(即ちホルモン)に分類されるサガリが人気。
その3~「提供時は味付け無し」北見の多くの焼肉店では、注文すると味付けされていない」お肉が運ばれてくる。
その4~味付けされずに運ばれる肉には、塩コショウや果物などを使って加熱していない、各店こだわりの生ダレをつけて食べるのが北見焼肉の特徴。

カクテル

北海道の東側、オホーツク地域の中核都市である北見市は、ナイトライフも充実!なかでも、日本で初めて地ビール製造免許を取得した「オホーツクビ―ル」は、市民自慢のドリンクだ。工場併設の直営レストランでは、地元北見市端野地区の大麦麦芽を原料に、エール、ピルスナー、ヴァイツェン、マイルドスタウトの地ビールラインナップの他に、オホーツクの食材にこだわったフードメニューも充実している。ろ過する前の地ビール(エール)を飲む事が出来るのも直営店ならでは。
又、「カクテルの街」との異名を持つ北見市。かつて、日本の高度経済成長期にバーテンダーが大都市から集まった結果とも言われており、全国のカクテルコンテストで北海道代表として20回以上も輩出しているレベルの高さが自慢です。材料や技術は本格的ながらリーズナブルに楽しめるカクテルでのひと時を、ひがし北海道旅行の思い出に加えよう。

スイーツ

北海道の東側、オホーツク地域の中核都市である北見市は、ナイトライフも充実!なかでも、日本で初めて地ビール製造免許を取得した「オホーツクビ―ル」は、市民自慢のドリンクだ。工場併設の直営レストランでは、地元北見市端野地区の大麦麦芽を原料に、エール、ピルスナー、ヴァイツェン、マイルドスタウトの地ビールラインナップの他に、オホーツクの食材にこだわったフードメニューも充実している。ろ過する前の地ビール(エール)を飲む事が出来るのも直営店ならでは。
又、「カクテルの街」との異名を持つ北見市。かつて、日本の高度経済成長期にバーテンダーが大都市から集まった結果とも言われており、全国のカクテルコンテストで北海道代表として20回以上も輩出しているレベルの高さが自慢です。材料や技術は本格的ながらリーズナブルに楽しめるカクテルでのひと時を、ひがし北海道旅行の思い出に加えよう。