Explorer The Wonderland. Eastern HokkaidoExplorer The Wonderland. Eastern Hokkaido

『 プライムロード ひがし北・海・道』推進協議会 オフィシャルWEBサイト

MENU
  • HOME
  • DISCOVER
  • 各エリアについて
  • 知床・羅臼・中標津エリア
  • 知床・羅臼・中標津エリア

    野生の王国の王はヒグマだ、人間ではない。

    知床半島は、オホーツク海にくちばしのように突き出た長さ70kmの半島。1964年に知床国立公園に指定され、2005年に世界自然遺産に登録された第一級の「アジアの宝」だ。1660mの羅臼岳を最高峰に硫黄山や知床岳などの連山が背骨のように縦走し、ウトロ方面と羅臼方面を分断している。

    急峻な稜線は一気にオホーツク海になだれ込み、何万年にもわたる海蝕によって高さ100m超の断崖絶壁の海岸線が形成された。オシンコシンの滝、フレペの滝、カムイワッカの滝が海岸線に連続するが、これを鑑賞するためには船で海側から近づくしかない。容易に人を寄せつけない、荒々しい地形こそ知床を象徴する景観だ。それはまたこの半島を開発の手から守り、原始の自然のままに保ってきた。 ミズナラやトドマツの原生林に覆われた森は知床五湖や河川に豊かな水を供給し、その川を遡上するサケをヒグマが食べる。野生の王国ではすべての生命が連鎖のなかにある。200種を越える高山植物、シマフクロウ、オオワシなど285種が記録された鳥類、オホーツク海ではマッコウクジラやイルカの遊泳が見られるだろう。知床自然センターでは各種の自然体験ツアーが用意されている。双眼鏡を持って、ぜひ参加してみたい。

    おすすめ関連コンテンツ