Explorer The Wonderland. Eastern HokkaidoExplorer The Wonderland. Eastern Hokkaido

『 プライムロード ひがし北・海・道』推進協議会 オフィシャルWEBサイト

MENU
  • HOME
  • DISCOVER
  • ひがし北海道のグルメについて
  • ひがし北海道の食絶景(森・山・川)
  • ひがし北海道の食絶景(森・山・川)

    ひがし北海道の山中には、下界とは異なる空気が流れている。足裏に感じる土や落ち葉の感触、木々の葉擦れの音、鼻腔をくすぐる豊かな香りに五感を澄ますと、その静謐な雰囲気とは裏腹に、周囲には大小様々な命が溢れていることに気付く。太陽の光を糧に生態系を支える多様な木々や山菜。その恵みを享受するエゾシカやヒグマなどの野生動物。山からの養分を受け取った清流が育むニジマスやイワナ、オショロコマなどの川魚。生命の循環は、流れるように絶え間なく続いていく。

    ひがし北海道は、大雪山、十勝岳、石狩岳、斜里岳などの山と、それに付随する十勝川や釧路川などの河川を多数抱えている。人の手が加わっていない気まぐれな領域故に、そこからの恵みはとても神秘的だ。

    春から初夏にかけては、山々で山菜が芽吹く。旬のふきのとう、アイヌネギ、ウド、ふきの味わいは鮮烈の一言。天ぷらにしてサクサクの歯応えとともに楽しもう。秋はキノコ。タモギダケや落葉茸が、味噌汁に彩りを添えてくれる。

    自然と一体化するような体験がしたいなら、渓流釣りに挑戦しよう。ガイドと一緒でも、装備がレンタルでも構わない。大切なのは、自身の足で自然に分け入り、生命に触れることだ。自分の手で釣り上げた天然のイワナやオショロコマをその場で塩焼きにすれば、格別の味が楽しめるだろう。

    農作物に甚大な被害をもたらすエゾシカは、47万頭が道内に生息。農家を悩ませる害獣である一方、雄大な自然の中で鍛えられたその肉質は、ジビエの本場である欧米のシェフにも高く評価される程。熟練のハンターによって正しく処理されたエゾシカ肉は、臭みが無くあっさりとした味わいに。低カロリーかつ鉄分、アミノ酸、ミネラルを多く含むなど、女性に喜ばれる食材という意外な一面もある。